Stemtech
オーストラリア
ブルガリ
カナダ
コロンビア
エクアドル
フランス
ドイツ
ガーナ
インド
ジャマイカ
日本
ケニア
韓国
マレーシア
メキシコ
ナミビア
ニュージーランド
フィリピン
プエルトリコ
南アフリカ
スペイン
台湾
イギリス
アメリカ
バックオフィス・ログイン






バーチャル・マーケット

マーケット選択 | バックオフィス・ログイン
U.S.A.
English
Español
繁體中文
Puerto Rico
Español
Australia
English
Bulgaria
Българи
Canada
English
Français
Colombia
Español
Ecuador
Español
France
Français
Germany
Deutsch
Ghana
English
India
English
Jamaica
English
Japan
日本語
Kenya
English
South Korea
한국어
Malaysia
English
Bahasa Malaysia
Mexico
Español
Namibia
English
New Zealand
English
Philippines
English
South Africa
English
Spain
Español
Taiwan
繁體中文
United Kingdom
English
私どもステムセル・ニュートリション・カンパニー®は、幹細胞科学の先駆けであり、成体幹細胞が身体の自然再生機能としての役割を果たすことを立証しました。私どもの製品は、より多くの幹細胞を放出し、幹細胞の血液内における循環と組織への移動を促進することによって、身体の働きを増進しサポートします。最適な健康状態のために、体内のその組織において成体幹細胞が毎日の再生機能としての役割を実行させることを可能にするのです

1970年代: 注目すべき始まり
1970年代: 注目すべき始まり
1970年代に、学生の集中力とエネルギーの欠如を心配した教師が、生徒に栄養の詰まった藻類を食べさせたら効果はないだろうかと、ふと考えました。この思いつきに突き動かされて、彼は自然に育つ淡水植物で実験を始めました。その植物はアファニゾメノン・フロス・アクア (AFA)として知られています。AFAを試した人は、その驚くべき効果を報告しました。

1980年代: 朗報はすぐ伝わる
1980年代: 朗報はすぐ伝わる
AFAを体験した大勢の消費者によって称賛された結果、この植物の売り上げが急激に伸びました。しかし、この植物が広範囲でもたらす効果の秘密はまだ明かされていなかったのです。

1990年代: 自然と科学の対面
1990年代: 自然と科学の対面
クリスチャン・ドレイポーは、1990年代にAFAの現場にたどり着きました。植物研究者および神経生理学者として彼は、現段階では推測に等しいAFA効果についての科学研究を要請されました。

研究チームのサポートを得て、クリスチャンは植物実験を開始しました。その後すぐに、この科学社会は所見を発表して、AFAには人間の健康を様々な局面から助ける特定の分子が含まれる事を明かしたのです。しかしながら、この植物がもたらす多くの効果については、説明できないままでした。

2000年代: 驚くべき発見
2000年代: 驚くべき発見
成体幹細胞研究の新しい発展に突き動かされたクリスチャンは、奇抜なアイデアを思いつきました。体が幹細胞をもっとたくさん自然に放出するよう、AFAがどうにかして助けているとしたらどうだろう。

新たなチャレンジが動機となって、研究チームの熱は更に高まりました。150以上の実験を重ねた後、クリスチャンのチームは新発見をしました。 とうとう、AFA効果の原因であるたった一つの成分を分離したのです。

この並外れた発見に基づいて、クリスチャンはAFA 濃縮物の専有ブレンドを開発し、消費者にサプリメントという形態で提供して、この植物の健康に対する効能を実用的な方法で利用したのです。この後の彼の功績は、世界市場へこの製品を進出させたことであると言えるでしょう。

2005年: ステムテック創業
2005年: ステムテック創業
一つしか存在しない製品を手に入れたクリスチャンには、成体幹細胞栄養品への情熱と将来へのビジョンを分かち合うパートナーが必要でした。そしてベテランの事業家であるレイ・カーターと巡り合ったのです。クリスチャンとレイはステムテックの創設に向けて精力的に働き、AFA濃縮物の独自のブレンドから作られた、たった一つの製品を持って会社を立ち上げました。それがステムエンハンス®でした。

2007年: 上昇するステムテック
2007年: 上昇するステムテック
ステムエンハンスの発売に伴ってステムテックは加速度的に成長しました。著名なジャーナルである心血管血管再生医学誌にその画期的な臨床研究が発表されたことでも、成長は大きく刺激されたのです。この研究はステムテックにとって、成体幹細胞栄養業界におけるリーダー格としての立場を明らかにする助けとなりました。

2008年: 成長と拡張
2008年: 成長と拡張
ネットワーク・マーケティングのビジネスモデルが最大効果を発揮し、ステムテック製品はブームに乗り始めました。世界中でステムエンハンスが求められる事に勇気付けられ、ステムテックは世界に進出し、6大陸12カ国以上でオフィスをオープンしました。

2009年: 業界での称賛
2009年: 業界での称賛
2009年はステムテックにとって大きな一年となりました。成体幹細胞栄養学におけるグローバルリーダーとしての評判を確立したのに加えて、ステムテックは米国直接販売協会の名誉あるライジングスター賞に輝くファイナリスト3組のひとつに選ばれたのです。

2010年: 国内で認められる
2010年: 国内で認められる
前年の業界での広い称賛に続いて、2010年にはアメリカで急成長を遂げる民間会社のひとつとしてInc.誌の人気が高いInc.5000にその名が挙がり、ステムテックは国内で広く認められました(2900万を越える企業の中で第1,484位)。

2011年: 世界で記録的な売り上げ
2011年: 世界で記録的な売り上げ
2011年は、ステムテックにとってこれまでにない一年となりつつあります。20ヶ国以上で売り上げが記録的に伸び、世界中に拡がるメンバーが成功を収めるのを見る度に大変誇らしく思います。私どもは初の成体幹細胞スキンケア製品、デルマステム™再生血清を、創立5周年記念の場で発表しました。これは既存の成体幹細胞栄養製品ラインアップに続くすばらしい製品です。更に9月には世界本社が新しい2階建ての施設に移転し、これまで以上にアクセスが便利になると共にスタッフ間のチームワークが益々充実しました。



© 2014 ステムテック・インターナショナル社 - 著作権所有。無断複写・複製・転載を禁ず。 当社は直接販売協会の会員であることを誇りにしています。